パナソニックはマイクロフォーサーズシステム用交換レンズ、LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.を発表した。発売は2019年8月22日。価格は27万円(税別)。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.は焦点距離は20-50mm(相当)の標準ズームレンズで、ライカの厳しい光学基準をクリアし、世界で初めて超広角から標準のズーム全域でF1.7「SUMMILUX」の明るさを実現した。レンズ構成は非球面レンズ3枚、EDレンズ4枚、UHRレンズ1枚の特殊レンズを最新の光学設計により最適配置し、絞り開放からズーム全域において、単焦点レンズ並みの優れた描写性能、高品位なボケ味を楽しめるという。
10-25mmという焦点域は単焦点レンズ5本分の焦点距離をカバーするため、広大な天体・風景撮影などの広角から、スナップ・ポートレートなどの標準領域まで幅広い撮影が可能。滑らかな絞り値の変化を可能にするクリックレス仕様の「絞りリング」、AF/MFの切替を瞬時に行え、さらにMF時は精密なピント合わせを可能にする距離目盛を搭載した「フォーカスクラッチ機構」を搭載している。

画像: LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.

画像: フォーカスクラッチ機構搭載でフォーカスリングを手前にスライドさせることでMFに切り替わる。

フォーカスクラッチ機構搭載でフォーカスリングを手前にスライドさせることでMFに切り替わる。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.

●焦点距離:10-25mm(35mm判換算20-50mm)
●レンズ構成:12群17枚
●最小絞り:F16
●最短撮影距離:28cm
●最大撮影倍率:0.14倍
●画角:94°-47°
●フィルター径:ø77mm
●大きさ:φ87.6.7×128mm
●重さ:690g

This article is a sponsored article by
''.