ニコンはフルサイズミラーレスのニコン Z システム用の交換レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」を発売する。発売は2020年12月予定。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 Sは、NIKKOR Z レンズの「S-Line」のレンズで、開放F値1.2と大口径で美しく滑らかなボケを実現する標準単焦点AFレンズ。絞り機構を中心に、前後対称型にレンズ群を配置する理想的なレンズ構成を実現し、光を無理に屈折する必要がなく、極めて高い光学性能を発揮するという。ポートレートをはじめ、立体感のある表現を静止画、動画を問わず楽しめるという。
また「マルチフォーカス方式」採用することで高速・高精度なAF性能を実現し、開放F値1.2の浅い被写界深度でも正確にピントを合わせることができる。開放F値1.2のフルサイズ用デジタルカメラ対応交換レンズにおいて初めて「STM(ステッピングモーター)」を搭載し、静音性や滑らかなフォーカシングができる。瞳AFにも対応している。

画像: コントロールリングを備え、絞り値、露出補正、ISO感度設定の割り当てが可能

コントロールリングを備え、絞り値、露出補正、ISO感度設定の割り当てが可能

画像: ニコンZ用のF1.2大口径単焦点レンズ
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

●焦点距離:50mm
●レンズ構成:15群17枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ3枚)
●画角:47°
●絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
●最小絞り:F16
●最短撮影距離:45cm
●最大撮影倍率:0.15倍
●フィルター径:φ82mm
●最大径×長さ:φ89.5×150mm
●質量:約1090
●発売:2020年12月発売予定
●価格:30万9320円(税込)

This article is a sponsored article by
''.