ニコンはフルサイズミラーレスのニコン Z システム用の大三元のワイドズーム「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」を発表した。発売はZ 14-24mmが2020年10月予定。

「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」は、NIKKOR Z レンズの「S-Line」のレンズで、全域F値2.8の大口径超広角ズームレンズ。全長約124.5mm、重さ約650gと世界最短で世界最軽量を実現している。
従来の一眼レフ用の「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」と比較して点像再現性(点が点に写る)や、ゴースト、フレアを効果的に抑える逆光耐性などが大幅に向上しているという。レンズ前側に付属の専用レンズフードをつけることで、ネジ込み式フィルターを装着することができる。
また「STM(ステッピングモーター)」や「コントロールリング」を採用し高い静音性となめらかな操作性を実現している。
このNIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S登場で、Zシステム用の大三元ズームが揃うことになる。

画像: レンズ先端がフォーカスリング、次がズームリングで、ボディ側にコントロールリングを備える。またレンズ情報パネルを装備し、絞り値、撮影距離と被写界深度などの情報を確認できる

レンズ先端がフォーカスリング、次がズームリングで、ボディ側にコントロールリングを備える。またレンズ情報パネルを装備し、絞り値、撮影距離と被写界深度などの情報を確認できる

画像: L-Fnボタンは任意の機能を割り当てられる

L-Fnボタンは任意の機能を割り当てられる

画像: ニコン Zシステム用大三元ワイドズーム
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 発売
画像: バヨネットフード HB-97装着時。このHB-97を装着したときはフロントに112mmフィルターが装着可能になる

バヨネットフード HB-97装着時。このHB-97を装着したときはフロントに112mmフィルターが装着可能になる

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

●焦点距離:14-24mm
●レンズ構成:11群16枚(EDレンズ4枚、非球面レンズ3枚)
●画角:114° -84°
●絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
●最小絞り:F22
●最短撮影距離:28cm(ズーム全域)
●最大撮影倍率:0.13倍(焦点距離24mm時)
●フィルター径:φ112mm(バヨネットフード HB-97使用時のみ装着可能)
●フィルター枠:レンズ後部に装備
●最大径×長さ:φ88.5×124.5mm
●質量:約650g
●発売:2020年10月発売予定
●価格:35万2000円(税込)

This article is a sponsored article by
''.