『一瞬を共有する二つの心』。毎回一つのテーマを決めて撮影、撮り手である私・萩原がそのカットの撮影者側の意図を、モデルであるいのうえのぞみさんが撮られ手の意識を、それぞれ語るこの企画。本誌8月号で掲載したカットとは違う、いわゆるアザーカットの紹介とその撮影について語っていきます。

今回のテーマは『雨に唄えば』。

本誌では、濡れた石畳の質感をできるだけ出したくて余分なカラーを排除し、モノクロカットを掲載。人目を気にせず、踊りながら全てを雨に流してしまえば、そこに待つのは、晴れ晴れした気持ち…を表現してみた。

実はこの『雨に唄えば』、頭の中ではストーリーのベクトルが二つ存在していた。
一つは本誌で掲載された“晴れ晴れ”とした方向。
で、もう一つは、雨と共に哀しみを感じ、止むと呆然とする方向。
最後まで決めかねていたこともあり、いのうえさんには両方のシチュエーションの展開であれこれ演じて頂いた。
Webでは後者のほうを中心にご紹介する。

雨が止んだタイミングで立ち尽くす。

何かを含んだ表情ではあるが、先を見ながらも、そこには希望という明るさは感じない。これまで過ごした時間にサヨナラをする気持ちを込めてもらった。

画像: ■ソニーα7RⅢ FE100mmF2.8 STF GM OSS 絞り優先AE(F5.6 1/125秒) +0.7EV補正 ISO1600  RAW  WB:マニュアル

■ソニーα7RⅢ FE100mmF2.8 STF GM OSS 絞り優先AE(F5.6 1/125秒) +0.7EV補正 ISO1600 RAW WB:マニュアル

立ち尽くすシーン、寄りのカット。

このシーンでは誰かを意識もしくは居合わせているわけではないので、表情もなにかを思ってのものではなく、見知らぬ人とたまたま目が合った感じで。彼女を見て(つまりこのカットをご覧になった方が)各々彼女の感情を思い描いて頂ければいいと思う。

画像: ■ソニーα7RⅢ FE100mmF2.8 STF GM OSS 絞り優先AE(F5.6 1/125秒) +1.7EV補正 ISO5000  RAW  WB:マニュアル

■ソニーα7RⅢ FE100mmF2.8 STF GM OSS 絞り優先AE(F5.6 1/125秒) +1.7EV補正 ISO5000 RAW WB:マニュアル

足元で表現する。

足元のカットもかなり撮影した。石畳でかつ濡れているとなれば、足元だけの撮影は必然。足元カットただ1点だけなら画になることも多いが、数点見せるうちの1点となると、漠然としたものになりやすいと思い、もう少し事を語ってくれるような、状況を匂わせてくれるようなものが欲しくなった。
ちなみに水たまりの水滴がはねるカットも撮影したが、状況という点で水面が映っているカットにした。

画像: ■ソニーα7RⅢ FE100mmF2.8 STF GM OSS 絞り優先AE(F5.6 1/125秒) -1.3EV補正 ISO1000  RAW  WB:マニュアル

■ソニーα7RⅢ FE100mmF2.8 STF GM OSS 絞り優先AE(F5.6 1/125秒) -1.3EV補正 ISO1000 RAW WB:マニュアル

気分を変えて。

気持ちを取り直して、お茶するシーン。
モノクロにしたのは、まだ感情に彩りが無い雰囲気を出す為。

画像: ■ソニーα7RⅢ シグマ24-70mmF2.8 DG OS HSM 絞り優先AE(F2.8 1/125秒) +0.3EV補正 ISO125  RAW  WB:マニュアル

■ソニーα7RⅢ シグマ24-70mmF2.8 DG OS HSM 絞り優先AE(F2.8 1/125秒) +0.3EV補正 ISO125 RAW WB:マニュアル

雨でさまざまなシチュエーションを

雨に濡れるシーンをとても多くみかけるし、それはそれでいいと思うが、普段の営みの中で、を考えてみてこのように創ってみた。大した雨ではなかったにもかかわらず、彼女も私も足元はビチョビチョに。濡れた靴のままではテンションが下がるので、できれば撮影ごとに靴を履き替えさせてあげたくなったね。(萩原)

この撮影をして、秋雨の時期もカメラを持って出掛けたいって思いました。ショーウィンドウについた水滴、水溜りの写り込み、濡れて深くなる緑。 雨の日だから撮れる写真って好きです。 次回は雨に打たれてるシーンとか撮ってもらいたいな。(いのうえ)

撮影はポートレートの達人、写真家・萩原和幸さん

画像: 1969年、静岡県出身。東京工芸大学卒業。静岡大学人文学部法学科卒業。写真家・今井友一氏に師事、独立後、K&R Photograph∞を設立。フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。 www.ikkyow.com

1969年、静岡県出身。東京工芸大学卒業。静岡大学人文学部法学科卒業。写真家・今井友一氏に師事、独立後、K&R Photograph∞を設立。フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
www.ikkyow.com

This article is a sponsored article by
''.