「発掘!アイドル図鑑」がリニューアルしてオリジナルコンテンツとして帰ってきた。
フォトグラファー河野英喜が出会ったてきた素敵なモデルの皆さんを全国的に紹介するのがコンセプト。ここではメイキング動画やカメラのファインダー内の様子を垣間見ることができるのが大きなポイントだ。ファインダー内でモデルの動きに合わせてフレームをキメる様子を堪能しよう。
画像1: ポートレートPhotographer 河野英喜が撮影
Webカメラマンオリジナルコンテンツ『発掘!アイドル図鑑』
FILE No.019 南 奈々 1/4
画像: 【発掘アイドル図鑑 No.19-1】南 奈々 youtu.be

【発掘アイドル図鑑 No.19-1】南 奈々

youtu.be

Nikon Z シリーズの『瞳AF』

僕も愛用するニコンのZ 6と加えてZ 7 が2019.5月下旬にファームが2.0にアップデートされました。顔認識の向上などいろいろあるのですが、僕たちポートレート撮影のジャンルで一番のニュースはこのファームアップで瞳AFが追加された事でした。それからしばらく経ちますが、僕の所にも様々な質問が届いています。中でも一番多いのは「瞳AFはマウントアダプターFTZを使用したら使えなかったり、速度や精度が低下すると聞きましたが本当ですか?」とこういった質問です。

ハッキリ断言しておきます。瞳AFはZシリーズレンズはもちろんマウントアダプターFTZを介してFマウントのレンズで使用しても全く遜色なく使用できます! もちろん単焦点レンズだけでなく、所有しているやや暗めのズームレンズなどでも検証しましたが全く問題ありません!! FマウントでAF機能のあるレンズでは問題なく使用できますのでご安心ください。

画像: Nikon Z 6 NIKKOR Z 50mm f/1.8S 1/80 f/1.8 ISO1600 WB4320

Nikon Z 6 NIKKOR Z 50mm f/1.8S
1/80 f/1.8 ISO1600 WB4320

画像: Nikon Z 6  NIKKOR Z 50mm f/1.8S 1/250 f/1.8 ISO1600 WB4320

Nikon Z 6 NIKKOR Z 50mm f/1.8S
1/250 f/1.8 ISO1600 WB4320

画像: Nikon Z 6 FTZ+AF-S NIKKOR 58mm f1.4G 1/160 f/2.2 ISO200 WB4700

Nikon Z 6 FTZ+AF-S NIKKOR 58mm f1.4G
1/160 f/2.2 ISO200 WB4700

This article is a sponsored article by
''.